コンテンツへスキップ

ストレイキャッツの理念・ビジョン

Stray Catsの理念・ビジョン

Stray Catsの
理念・ビジョン

このページは縮毛矯正剤Stray Cats・サロン経営サポートコンサルティングサービスストレイキャッツとしての理念とミッションについて紹介いたします。

このページは縮毛矯正剤Stray Cats・サロン経営サポートコンサルティングサービスストレイキャッツとしての理念とミッションについて紹介いたします。

①理美容業を通して社会貢献を行う

理美容業界に長年携わってきて多くのお客様や美容師と関わってきた中で、人の容姿を美しくするということは素晴らしい仕事であり多くの人の生活に根付く意味のある仕事であると認識しております。

しかし、理容師美容師としての経済活動そのものが社会に対してなにか貢献しているかというと少し疑問がありました。

世界的には切った髪の毛をカツラにするために寄付をするヘアドネーションという活動がありますが、日本ではほんの10年ほど前は美容師でさえも知らないという状況でした。

近年ヘアドネーションを行う方が増えてきて、ヘアカットなど美容師としての経済活動が社会貢献活動に直結するシーンも増えてきたと感じます。

ストレイキャッツでも、なにか1つ社会の役に立つような活動を始めていきたいと考え、捨て猫の保護活動にストレイキャッツとしての売上の一部を寄付するということをはじめました。

ストレイキャッツのオリジナル製品である縮毛矯正剤のキャッチフレーズにも【Your hair makes cats happy】というフレーズを採用しておりますが、美容室で髪をキレイにすることによって猫の幸せに繫がるという直接的な意味のフレーズになっています。

また、ストレイキャッツではただ薬剤を販売するメーカーとしてではなく、使用するサロン様の経営をサポートするということにも重点をおいており、コンサルティングサービスも行っております。

そちらも同様に収益の一部を捨て猫の保護活動に寄付しております。

②経営改善を目的とした活動

ストレイキャッツではクライアントの理美容室様に対して経営改善コンサルティングを行っています。

理美容業界では昔から離職率の高さや労働環境の悪さが取り上げられてきました。

近年一般企業と同じように福利厚生ができたり、待遇改善は進んでいると感じますが、まだ一般企業のように充実していないというのが正直なところです。

ストレイキャッツ代表、また携わるスタッフは皆美容師経験者でありますが、そういったなかなか変わることができない体質の根底にはビジネスモデルが時代と合わなくなってきているのではないかという問題があると考えています。

技術職であるが故にWEB集客を苦手とするサロンが多くあり、それでいてサロン件数は過去最高と競合性はあがっています。

広告コストばかりかかってしまい、生産性が落ち、その分人件費をカットしたり、営業時間が長くなってしまったり、経営者自身も疲弊しているというサロンが多くあります。

そういったサロンのオーナー様から相談をたくさん受け、コンサルティングサービスを始めるようになりました。

ストレイキャッツではサービスを見直し利益率の改善と集客方法の改善を行い、離職率を下げて賃金を上げる事で経営全体の改善を行っております。

過去数年で約100件のサロン様やフリーランス美容師様のコンサルティングに携わってきた実績をもとに、良い方向へ向かうようお手伝いさせていただいております。

③アシスタントをいち早く生産者に

ストレイキャッツのコンサルティングサービス×薬剤の特徴として、まだお客様が少ない若手美容師や、売上を作ることが難しいアシスタントスタッフに対してお客様をつけていくという事を行っております。

薬剤はシステアミンミックスでパワーのコントロールがしやすく扱いやすい薬剤になっており、縮毛矯正技術経験がそこまで多くないスタッフさんでも扱えるようになっております。

さらにストレイキャッツ独自のWEB集客の仕組みを利用して、ストレイキャッツの縮毛矯正をためしてみたいというお客様を集客することが可能です。

まだ指名のお客様が多くないスタッフでもそういったご新規様に入客していただき、顧客にしてもらうことが可能となります。

平日や、空いている時間などに若手スタイリストやアシスタントスタッフさんが入客して売上に貢献することで、サロンとしては稼働率や生産性が上がるため経営の改善に繋がります。

それだけでなくまだ経験が浅いスタッフさんが経験をつみ、自信をつけることにも繋がります。 サロンで働く中でお客様の髪を担当するということは喜びにもやりがいにも繋がります。

ストレイキャッツではただ薬剤を販売するだけではなく、薬剤を使用する美容師様、そして保護される猫と社会貢献活動の一端を担うことになるお客様にとっても意味があることをしていくことがミッションです。

①理美容業を通して
社会貢献を行う

理美容業界に長年携わってきて多くのお客様や美容師と関わってきた中で、人の容姿を美しくするということは素晴らしい仕事であり多くの人の生活に根付く意味のある仕事であると認識しております。

しかし、理容師美容師としての経済活動そのものが社会に対してなにか貢献しているかというと少し疑問がありました。

世界的には切った髪の毛をカツラにするために寄付をするヘアドネーションという活動がありますが、日本ではほんの10年ほど前は美容師でさえも知らないという状況でした。

近年ヘアドネーションを行う方が増えてきて、ヘアカットなど美容師としての経済活動が社会貢献活動に直結するシーンも増えてきたと感じます。

ストレイキャッツでも、なにか1つ社会の役に立つような活動を始めていきたいと考え、捨て猫の保護活動にストレイキャッツとしての売上の一部を寄付するということをはじめました。

ストレイキャッツのオリジナル製品である縮毛矯正剤のキャッチフレーズにも【Your hair makes cats happy】というフレーズを採用しておりますが、美容室で髪をキレイにすることによって猫の幸せに繫がるという直接的な意味のフレーズになっています。

また、ストレイキャッツではただ薬剤を販売するメーカーとしてではなく、使用するサロン様の経営をサポートするということにも重点をおいており、コンサルティングサービスも行っております。

そちらも同様に収益の一部を捨て猫の保護活動に寄付しております。

②経営改善を
目的とした活動

ストレイキャッツではクライアントの理美容室様に対して経営改善コンサルティングを行っています。

理美容業界では昔から離職率の高さや労働環境の悪さが取り上げられてきました。

近年一般企業と同じように福利厚生ができたり、待遇改善は進んでいると感じますが、まだ一般企業のように充実していないというのが正直なところです。

ストレイキャッツ代表、また携わるスタッフは皆美容師経験者でありますが、そういったなかなか変わることができない体質の根底にはビジネスモデルが時代と合わなくなってきているのではないかという問題があると考えています。

技術職であるが故にWEB集客を苦手とするサロンが多くあり、それでいてサロン件数は過去最高と競合性はあがっています。

広告コストばかりかかってしまい、生産性が落ち、その分人件費をカットしたり、営業時間が長くなってしまったり、経営者自身も疲弊しているというサロンが多くあります。

そういったサロンのオーナー様から相談をたくさん受け、コンサルティングサービスを始めるようになりました。

ストレイキャッツではサービスを見直し利益率の改善と集客方法の改善を行い、離職率を下げて賃金を上げる事で経営全体の改善を行っております。

過去数年で約100件のサロン様やフリーランス美容師様のコンサルティングに携わってきた実績をもとに、良い方向へ向かうようお手伝いさせていただいております。

③アシスタントを
いち早く生産者に

ストレイキャッツのコンサルティングサービス×薬剤の特徴として、まだお客様が少ない若手美容師や、売上を作ることが難しいアシスタントスタッフに対してお客様をつけていくという事を行っております。

薬剤はシステアミンミックスでパワーのコントロールがしやすく扱いやすい薬剤になっており、縮毛矯正技術経験がそこまで多くないスタッフさんでも扱えるようになっております。

さらにストレイキャッツ独自のWEB集客の仕組みを利用して、ストレイキャッツの縮毛矯正をためしてみたいというお客様を集客することが可能です。

まだ指名のお客様が多くないスタッフでもそういったご新規様に入客していただき、顧客にしてもらうことが可能となります。

平日や、空いている時間などに若手スタイリストやアシスタントスタッフさんが入客して売上に貢献することで、サロンとしては稼働率や生産性が上がるため経営の改善に繋がります。

それだけでなくまだ経験が浅いスタッフさんが経験をつみ、自信をつけることにも繋がります。 サロンで働く中でお客様の髪を担当するということは喜びにもやりがいにも繋がります。

ストレイキャッツではただ薬剤を販売するだけではなく、薬剤を使用する美容師様、そして保護される猫と社会貢献活動の一端を担うことになるお客様にとっても意味があることをしていくことがミッションです。

Stay Catsでは、薬剤導入・その後の経営サポートなどに関した説明会の動画をご購入前にご試聴頂けます。

導入をご検討の方は是非ご連絡ください。

お問い合わせ

薬剤の導入や猫の保護活動に関すること。
その他なんでもお気軽にお問い合わせください。